加齢臭やミドル脂臭の原因や対策をご紹介!これで臭いともおさらば!

スキンケア
この記事は約7分で読めます。

40歳をすぎたあたりから、加齢臭やミドル脂臭が気になりはじめてはいませんか?

なかには、奥さんや娘さんから「なんか臭うよ……」といわれた方もいるのではないでしょうか。

やっかいなことに加齢臭やミドル脂臭は、なかなか自分では気づかないものです。

まだ、身内にいわれるのはいいのですが、気づかずにまわりから「臭い」と思われているほどつらいものはありません。

こちらでは、加齢臭やミドル脂臭の原因と対策についてご説明しています。

TERU
TERU

加齢臭やミドル脂臭でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

加齢臭やミドル脂臭の嫌なニオイ、その原因とは?

それでは、加齢臭やミドル脂臭の原因とはいったい何なのでしょうか?

その原因は、40歳を過ぎたあたりから増える「ノネナール」という酸化物質です。

ノネナールは、人間が出す皮脂が酸化することで発生します。

汗のニオイとは違い、「脂くさい変なニオイがする」といわれています。

加齢臭はどんなニオイがするの?
  • 脂っぽいニオイ
  • 古い油のようなニオイ
  • 古いポマードのようなニオイ

加齢臭は、上記のようなニオイがするといわれています。

また、ストレスも加齢臭を強くする要因だといわれています。

加齢臭は男性だけではない

加齢臭は、男性だけの問題ではありません。男女問わずに発生します。

女性も、ホルモンバランスが急激に変化しはじめた40歳を過ぎたあたりから、ノネナールが増えはじめます。

また、40代はもっとも体臭が発生しやすい時期であり、

  1. ワキのニオイを中心とした汗臭
  2. ミドル脂臭
  3. 加齢臭

といった「ニオイの三重苦」といわれているようです。

加齢臭だけではなかった!ミドル脂臭とは?

ニオイの原因物質は、30代と40代以降とは違い、脂くささの特徴も年齢によって変わってきます。

30代男性の脂っぽいニオイの原因は、ペラルゴン酸という脂肪酸の一種です。

30代〜40代からのジアセチルが生みだすミドル脂臭は、ノネナールによる加齢臭よりも強いニオイを発します。

そして、40代からはノネナールという酸化物質を発するようになります。

原因物質の変化
  • ペラルゴン酸30代
  • ジアセチル30代〜40代
  • ノネナール40代〜

※いずれも、皮脂の酸化が主原因です。

加齢臭のニオイが強い場所は?

自分のニオイは、鼻が慣れてしまうので気づきにくいものです。しかし、まわりは気づいています。

加齢臭やミドル脂臭は、皮脂が酸化することで発生するとお伝えしました。ニオイが発生する場所は、皮脂の分泌量が多いところです。

加齢臭は、おもに上半身からニオイが発生しやすくなります。

皮脂の分泌量が多く、ニオイが発生しやすいところは以下のとおりです。

  • 耳の後ろ
  • ワキ
  • 背中

余談ですが、加齢臭の元となる皮脂の分泌量のピークは30代といわれています。

加齢臭を抑えるには?

加齢臭やミドル脂臭をおさえるには、ニオイの原因となるペラルゴン酸、ジアセチル、ノネナールなどの酸化物質を減らすこと。

それにはまず、加齢臭を防ぐ石鹸やボディーソープ、シャンプーなどで洗うことです。

酸化をおさえる、ポリフェノールや消臭効果に期待できる炭やカテキン、柿渋などが含まれているボディーソープや固形石鹸、シャンプーなどがおすすめ。

ただし、皮脂の取り過ぎに注意してください。皮脂を取れば取るほど補おうとしてよけいに出てくるからです。

そのためには、洗ったあとに乳液で保湿するとよいでしょう。

乳液で保湿することで、取り除いた皮脂を補ったと思い、よけいな皮脂が分泌されなくなります。

体を洗ってから次のニオイが出てくるまで6時間くらいで出てきます。

日中は、入浴ができないため、汗拭きシートやボディーシートでこまめに拭くようにしてください。

加齢臭の抑制効果が期待できるコエンザイムQ10

2017年の春に、資生堂が「コエンザイムQ10を摂ることで、体内から発生する加齢臭の抑制効果を発見した」と発表しています。

コエンザイムQ10の加齢臭抑制効果は、「男女両方に効果がある」としています。

今では、体内で発生する加齢臭は、「コエンザイムQ10のサプリメントで対応する」というところまで進んでいるのです。

コエンザイムQ10のサプリメントには、「酸化型」「還元型」の2種類があります。

研究結果では、酸化型のコエンザイムQ10で23%、還元型のコエンザイムQ10で29%のノネナールが減少したそうです。

コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶなら、「還元型」のサプリメントをおすすめします。

加齢臭対策に期待できる洗髪石鹸

加齢臭やミドル脂臭には、「頭皮中心主義という洗髪石鹸」がおすすめ。

加齢臭やミドル脂臭など、脂のニオイを取り除くのに期待できます。

頭皮中心主義は、加齢臭やミドル脂臭にも効果が期待できるとして、当店でも人気のある石鹸です。

なぜ消臭効果が期待できるのかというと、頭皮中心主義には桐炭や庄内柿パウダーが配合しているからです。

庄内柿パウダーは、抗酸化効果、消臭効果に期待できるタンニンやポリフェノールが含まれています。

当店のお客さまにも、以下のように好評です。

  • 加齢臭がおさまった
  • 妻から、枕が臭くなくなったといわれた
  • 足のニオイにもいい
    など

あくまでも、お客さまの感想であり、効果を表すものではありません。

また、髪の毛だけではなく体全身にも使え、1個264円(税込)とコスパもいいのでおすすめです。

頭皮中心主義の洗髪石鹼については、こちらの記事を参考にしてみてください。

食事の見直しをして加齢臭をおさえる

普段の食事を見なおすことで、加齢臭やミドル脂臭をおさえることも可能なようです。

ポイントは、動物性脂肪を摂りすぎないこと。
そして、抗酸化作用のある食べ物を多く摂るように心がけましょう。

酸化防止のためには、抗酸化ビタミン、ファイトケミカル類を摂取するとよいようです。

抗酸化ビタミンとは、ベータカロテン(体内でビタミンAに変化)、ビタミンC、ビタミンEなど

ベータカロテンニンジンホウレンソウカボチャトマトなど
ビタミンEエクストラバージンのオリーブオイルカボチャゴマアーモンドナッツなど
ビタミンC柑橘類芽キャベツゴーヤなど

ファイトケミカルとは、近年発見された微量栄養素。ポリフェノール、リコピン、セサミン、茶カテキンなどが有名

とくに、ポリフェノールは脂肪分を酸化するのを抑制してくれます。

ポリフェノールが含まれているおもな食品: 豆乳、ゴマなど

ここで注意したいのが、ストレスやタバコ。せっかく摂取したビタミンCをストレスやタバコで消費してしまうからです。

上記の食事を意識して、取り入れてみてください。

運動をして新陳代謝の向上を目指そう

新陳代謝を向上させることで、加齢臭対策に期待できます。

汗をかく習慣を身につける

汗をかくことで、老廃物や余計な水分を排出し、新陳代謝が上がります。免疫力・体力アップ、美肌効果にも期待できます。

散歩やジョギングなどの有酸素運動などが効果的です。

日ごろから運動をして、汗をかく習慣を身につけることで、代謝もよくなり加齢臭対策にもなります。

まとめ

  • 加齢臭やミドル脂臭の原因は、ノネナール、ジアセチルなどの酸化物質が原因
  • 酸化物質は、年齢によってことなる
  • 加齢臭やミドル脂臭は、おもに上半身から発生さやすい
  • 加齢臭やミドル脂臭をおさえるには、ニオイの原因となる酸化物質を減らすこと
  • 皮脂を減らすために、脂っこい食事を抑え、皮脂の酸化をおさえるために抗酸化作用のある食事を摂ること
  • 汗をかくことで新陳代謝の向上を目指す。代謝が上がることで加齢臭対策にもなる

今回は、加齢臭やミドル脂臭の原因や対策についてご説明しました。

40代にさしかかると、奥さんや娘さんから「臭い」といわれることもあるかと思います。

自分では気づかないだけに、はっきりいわれるとショックですよね……

しかし、はっきりいわれるのはありがたいことだと思っています。

変に気を使われていわれずにいると、自分では加齢臭に気づきませんよね。

「自分では加齢臭やミドル脂臭に気づかずに、まわりから臭いと思われている……」

それほどつらいものはありません。

TERU
TERU

今回の加齢臭やミドル脂臭の原因や対策、ぜひ参考にしてみてください。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

参考書籍

におわない人の習慣 最新版加齢臭読本 著者:奈良巧 出版社:草思社

コメント

タイトルとURLをコピーしました