一日に、この本数以上の抜け毛があったら要注意

ヘアケア
この記事は約2分で読めます。

抜け毛は、一日にどれくらい抜けるのか考えてみたことはありますか?

こちらでは、一日にどれくらい抜け毛があるのか説明していますので、気になる方は参考にしてみてください。

平均的な一日の抜け毛の量とは?

朝、枕元の抜け毛を見たり、床に落ちている抜け毛やお風呂の排水溝につまっている抜け毛などを見て、「これだけ抜け毛が多いと、ハゲてしまうのでは………」と心配したことがあるのではないでしょうか?

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があり、一定期間成長したあとに自然に抜けて、また新しく生えてきます。

 

しかし、ヘアサイクルの中で髪の毛は抜けては生えてをくりかえしているのですが、一日の抜け毛にはボーダーラインがあります。

一日の抜け毛の許容範囲は、50本から100本です。このくらい抜けても、異常ではないということになります。髪の毛は正常な範囲だと、抜けた数だけまた生えてきます。

※とくに秋口は、一番抜け毛が増える季節です。まだ、医学的、科学的に解明されていないようですが、夏の強い紫外線や食生活、生活習慣などが関係していると考えられています。

どれくらい抜け毛が増えると要注意なのか?

それでは、一日にどれくらい抜け毛が増えると要注意なのでしょうか?抜け毛を気にされている方は、ここが一番気になるところだと思います。

上記でお伝えしたとおり、ヘアサイクル(毛周期)の関係上、一日に80~100本は抜けても異常ではないとお伝えしました。

しかし、何かしらの原因でヘアサイクルが乱れると、一日の抜け毛が100本から200本、300本と増えていきます。そうなると要注意です。一日の抜け毛が100本以上超えたあたりで注意する必要があります。

抜け毛が多くなると男性型脱毛症の可能性が

ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増えるということは、髪の毛の成長期が短縮してしまいますので、休止期にあたる髪の毛の割合が多くなるということになります。

休止期にあたる髪の毛の状態とは、髪の毛が軟毛化したり、頭皮の表面まで伸びきってない状態です。つまり、成長が出来ていない髪の毛ということになります。

このような状態になると髪の毛の成長が滞っていることになるため、男性型脱毛症の疑いがあります。

まとめ

冒頭でもお伝えしたように、枕元の抜け毛や床に落ちている抜け毛を見ると心配になると思います。

一日の抜け毛の本数は、約80本から100本は許容範囲内です。

抜け毛の数が100本を超えて、200本から300本と増えてくると注意が必要になります。

一日にどれくらい髪の毛が抜けるのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました